logo

シャープ、ローカル5G対応ルーター試作機を開発--9月以降に提供へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月17日、ローカル5Gに対応したルーターの試作機を開発したと発表した。同試作機は、ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として、9月以降に提供を開始する予定だという。

 ローカル5Gとは、企業や自治体が自らの敷地内や工場内・農場など、特定のエリア限定で構築できる5Gネットワーク。高速大容量や低遅延、多数同時接続など、5Gの特長を生かしながら、個別ニーズに応じた独自のネットワークが構築できるため、建設現場での建機遠隔制御や医療施設での遠隔診療、生産効率を高めるスマート工場など、さまざまな用途での活用が期待されている。

 同試作機を介して、カメラやFA機器、各種センサーなどを無線または、有線でローカル5Gのネットワークに接続することで、大容量データを超高速で伝送することが可能となる。

 通信速度は、受信時最大約3Gbps/送信時最大約600Mbpsの超高速データ通信を実現(公称値)。Wi-Fi6対応のほか、2.5GBASE-TのLANポートやUSB3.0(USB Type-C)を搭載するなど、無線・有線での接続に対応している。なお、無線と有線の同時使用も可能。

 対応無線規格は、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz帯/5GHz帯対応)。同時接続可能台数は16台。

 同社によると、ローカル5Gの周波数として2019年12月に制度化された「28.2-28.3GHz」に加え、今後の割当てが検討されている「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応するという。

 約2.4インチQVGA(320×240画素)のTFT液晶ディスプレイを搭載。サイズは、約157mm×84mm×16mm。重量は、約270g。バッテリー容量は、約4000mAh。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]