logo

米ミシガン州に自動運転車専用レーンを建設へ--官民共同プロジェクトで

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年08月17日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミシガン州のデトロイトとアナーバー間を将来走る道路には、自動運転車専用レーンが設置される計画だ。

Cavnue
提供:Cavnue

 ミシガン州と提携企業のCavnueは米国時間8月13日、テストの実現を促進するため、新たな官民共同プロジェクトを立ち上げ、ミシガン州南東部に初めての自動運転車専用レーンを建設すると発表した。最終目標は、同地域内の交通アクセスに生じている「長年のギャップ」を埋めることだ。

 専用レーンは当初、自動運転車の試験用レーンとして使用されるが、ミシガン州とCavnueは、このプロジェクトを将来においても有効なものにしたいと考えている。自動運転車のスマート化が進むにつれて、この専用レーンは、大型貨物車両など、さまざまな種類の車両が走れるようになるかもしれない。Cavnueは、最初にレーンを走らせる車両として、人間を運ぶ小型バンをメインに想定しているが、このプロジェクトは既に他の大手企業を引き付けている。

 Ford、General Motors(GM)、Waymo、Argo AI、トヨタ自動車、本田技研工業、TuSimple、BMWなどの企業はいずれも、この官民プロジェクトを支援する意向を示している。各社はCavnueと協力して、顧問委員会を設立し、特定のOEMや企業が他社よりも得をすることがないように、レーンの設置方法について中立な基準を策定する。

 これは、実現までに何年も要する遠大なプロジェクトだ。第1段階は、テストと専用レーンの道路設計に力を注ぎ、2年間は続くもようだ。道路建設は、第1段階の後で決定される「将来の段階」となる。Cavnueは、米CNETの自動車関連情報サイトであるRoadshowの取材に対し、これらの車線は従来型の車両が走行できない自動運転車専用になると改めて認めた。Cavnueの完成予想図では、専用レーンが「標準的な車の流れ」と壁で隔てられており、幹線道路の未来がどのようなものになりそうかを示している。

 Cavnueの自動運転車専用レーンが実現すれば、ミシガン州が小規模企業やデトロイトの空港、他の地域社会、研究施設などに重点を置いて設置した「オポチュニティーゾーン」を結ぶことにもなる。そうした地点の中で中心となるのは、Fordがこれから旧ミシガン中央駅に建設するモビリティー技術の開発拠点だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]