logo

Facebook、アプリ内購入の手数料30%でアップルを批判

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年08月17日 10時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookが「iOS」向けアプリ内で生じる購入に対してAppleが課す30%の手数料に異議を唱えた。この手数料は、Appleの主な収入源になってきた反面、アプリ開発元にとっては問題だとして批判する声も増えている。Facebookは、同社製アプリの新機能で企業が動画の配信やオンライン講座のようなサービスを販売できるようにするが、Appleの手数料はそうした企業の事業を損なうと主張している、とBloombergが報じた

Facebook
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookは声明で、「パンデミックのさなかに苦戦している小規模事業者にとっては、1ドル1ドルが重要だ。当社はAppleに対し、歩み寄って手数料を免除するよう求めた」とし、「Appleは拒否した」と述べた。

 Facebookは、同社のプラットフォームで有料オンラインイベントを実施する事業者に対し、少なくとも今後1年間は手数料を請求しないと述べた。Googleは「Android」向けFacebookアプリ内で決済サービス「Facebook Pay」が使われる場合、手数料を免除することに合意したと、Facebookアプリ担当責任者のFidji Simo氏はBloombergに対して述べている。

 AppleとGoogleは先週、人気ゲーム「フォートナイト」をアプリストアから削除した。アプリ内課金のルールを回避しようとしたためだ。Epic Gamesは両社を提訴している。

 米CNETはAppleとGoogleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]