logo

3Dプリンティング技術を持つAREVO、シリーズBで25億円を調達--総額は約65億円

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AREVOは8月12日、Defy PartnersとGGV Capitalをはじめ、Khosla Ventures、Alabasterなどが参加する25億円のシリーズB資金調達ラウンドの大部分を完了させたと発表した。これにより、創業来の資金調達総額は、約65億円になるという。

 また、今回資本参加するDefy Partnersから シリアルアントレプレナーであり投資家でもあるBrian Shin氏が経営陣として参画する。

 同社によると今回調達した資金は、大型連続カーボンファイバー複合材製造ロボット「Aqua 2」の増産に活用するという。Aqua 2は、高品質化に加えて、従来機の4倍の高速印刷が特徴。

 これにより、大型(最大1立方メートル)のカーボンファイバー複合材製品の自由で迅速なオンデマンド生産が可能になるという。

 なお、高速印刷により、7月初旬からクラウドファンディングキャンペーンを実施している一般消費者向けの電動自転車「Superstrata(スーパーストラータ)」の生産速度が飛躍的に高められるとしている。

 Superstrataは、世界初の連続炭素繊維を使ったユニボディカーボンファイバー製の自転車。顧客の体型や好みに合わせて3Dプリントされるのが特徴。キャンペーン開始3分以内に目標の10万ドルを達成し、現在は2500人以上の支援者から約400万ドルの支援を受けている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]