logo
新型コロナウイルス関連

Facebook、在宅勤務を2021年7月まで延長--新型コロナの感染拡大で

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年08月07日 09時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間8月6日、従業員の在宅勤務を2021年7月まで認めることを明らかにした。GoogleやUberなどのテクノロジー企業はすでに、新型コロナウイルスの感染者が急増する中で、オフィスの再開計画を先送りすることを明らかにしている。

Facebookのロゴ
提供:Pixabay; illustration by CNET

 Facebookの広報担当者によると、「保健および政府の専門家の指導」と「社内での協議に基づいて」この決定を下したという。また、在宅勤務で必要な物の購入に充てるため1000ドル(約10万6000円)の特別手当を従業員に支給する。

 同社は5月、従業員の多くに2020年末まで在宅勤務を許可すると社内に通知した。また、経験や実績など一定の条件を満たしている従業員に、永続的な在宅勤務を認めることも明らかにした。

 最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は4月、同社従業員の職場復帰は「段階的に」で行われるべきだと語り、リモートから勤務できない従業員、例えばテロ対策や自傷行為防止に努めるコンテンツレビューワーや一部のエンジニアなどの従業員は、早めにオフィスに戻る可能性があるとしていた。

 Facebookの広報担当者は、政府の指導を基に新型コロナウイルスの感染が沈静化した地域で、今後約2カ月間にわたって制限付きでオフィスの再開を続けると述べた。感染者が急増しているため、年内に多くの地域で事務所が再開する可能性は低いという。

 6月30日時点で、Facebookは5万2534人の従業員を抱えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]