logo

「Disney+」契約者数、予想超えるペースで6000万人突破

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2020年08月05日 12時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Walt Disney Companyは、サブスクリプション動画サービス「Disney+」の契約者数が米国時間8月4日時点で6050万人に達したことを明らかにした。当初の予想では、サービス開始から約5年で6000万~9000万人の範囲に届くとしていたが、2019年11月中旬の開始からわずか9カ月弱の間に早くも6000万人を突破することになった。

ヨーダ
提供:Disney

 Disney+に「Hulu」「ESPN+」を加えたDisneyの3つのストリーミングサービスの合計契約者数は1億人を超えたという。

 最高経営責任者(CEO)のBob Chapek氏は2020会計年度第3四半期(6月27日締め)決算を報告するプレスリリースの中でこう述べた、「当社が世界に届けるDtoC(消費者への直売)サービスの広範なポートフォリオは今回、有料サブスクリプション1億件超という驚異的な数字を達成した。これは重要な節目であり、当社が将来の成長の鍵になると見込むDtoC戦略を改めて肯定するものだ」

 参考までに、世界最大のサブスクリプション動画サービスであるNetflixは、合計1億9200万人の契約者を抱えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]