logo

ヴァージン、マッハ3の超音速旅客機を開発へ--コンセプトデザインを公表

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Virgin Galactic Holdingsは、音速の3倍(マッハ3)の速度で飛行可能な超音速旅客機を開発するとして、コンセプトデザインを公表した。

マッハ3で飛ぶ旅客機(出典:Virgin Galactic)
マッハ3で飛ぶ旅客機(出典:Virgin Galactic)

 デザイン公表は、設計の基本方針を確定させる「Mission Concept Review(MCR)」段階の完了にともなうもの。三角翼(デルタ翼)を採用し、高度6万フィート(約1万8288m)以上をマッハ3(およそ時速3675km)で飛行可能とする。定員は9人から19人で、客室にはビジネスクラスやファーストクラスの座席を設ける。

デルタ翼を採用(出典:Virgin Galactic)
デルタ翼を採用(出典:Virgin Galactic)

 米CNETの報道によると、マッハ3で移動できれば、米国の大陸横断が90分以下、太平洋横断が5時間以下で可能になるという。

 同機のエンジンは、超音速旅客機「Concorde(コンコルド)」向けエンジンのメーカーであったRolls-Royceが開発する予定。Virgin GalacticとRolls-Royceは、この飛行機の開発について法的拘束力のない了解覚書(MOU)を締結している。

エンジンはRolls-Royceが開発(出典:Virgin Galactic)
エンジンはRolls-Royceが開発(出典:Virgin Galactic)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]