logo

ジャガー・ランドローバー、触らず操作可能な車載タッチパネル--安全性向上と感染防止

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jaguar Land Roverとケンブリッジ大学は、自動車向けの各種コントロール用タッチパネルに関して、画面に触れず操作可能とする技術「predictive touch」を開発した。

触れずに操作できるタッチパネル(出典:Jaguar Land Rover)
触れずに操作できるタッチパネル(出典:Jaguar Land Rover)

 predictive touchは、ユーザーがタッチパネルのどの部分に触れようとしているのかを、各種センサーとAIで予測する技術。パネル上に表示しているUI用ボタンなどを、指が触れる前に反応させられる。センサーとしては、指の動きを認識するカメラやレーダーのほか、ユーザーの視線を捉える装置なども組み合わせる。

 タッチパネルに触れることなくナビやエアコン、カーオーディオが操作可能になるので、前方から目を離す時間を短くできて、運転している場合は安全性が向上する。路面の影響で激しく揺れている状況でも、操作がしやすいという。さらに、接触にともなう細菌やウイルスの付着も防げる。

 実際に自動車を走行させるなどして実験したところ、運転者のパネル操作に必要な時間や負担を最大50%削減できたとしている。

predictive touchの紹介ビデオ(出典:Jaguar Land Rover)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]