logo

Twitter、進化した新APIをリリースへ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年07月17日 11時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月16日、開発者向けに新バージョンのAPIをリリースすると発表した。ヘイトスピーチ対策を講じたり、企業が顧客への理解を深めるのに役立ったり、ユーザーがより迅速に情報を見つけられるようにしたりするさまざまな機能やアプリの開発がさらに容易になるという。

Twitterのロゴ
提供:Graphic by Pixabay; illustration by CNET

 もともと16日にリリースする予定だったが延期した。Microsoftの創設者Bill Gates氏やBarack Obama前米大統領など、著名なユーザーのアカウントが乗っ取られ、ビットコイン詐欺のメッセージがツイートされたためだ。Twitterの広報担当者は15日、事件に同社のAPIが関係していた痕跡は見つかっていないが、新ツールのリリースにあたってはユーザーの安全とセキュリティを優先していると述べた。

 APIは、2つのソフトウェアが互いにやりとりして、Twitterの公開データを利用する新しいアプリや機能、ボットを開発者が開発できるようにする。

 新しいAPIには、会話のスレッド表示やツイートでのアンケート結果表示、プロフィール上の固定ツイート表示、スパムフィルタリングなどの新機能が含まれる。2012年以来初めてAPIの基盤を一新したため、これまでよりも迅速かつ確実に新機能を追加できるようになったという。また、新しい区分としてプロダクトトラックを導入し、デフォルトの「スタンダード」に加えて「学術研究」と「ビジネス」を設ける予定だ。新しいAPIを最大限に活用してもらえるよう、開発者ポータルも再設計した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]