logo

[ブックレビュー]時間管理から思考整理まで使える万能ツール--「東大式ふせん勉強法」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカヴァー・トゥエンティワン
内容:「ふせんって、もしや万能なのでは?」と勘違いしてしまいそうになるほど、本書で紹介されている「ふせんを駆使した勉強法」が、手軽で効果的なようだ。教科書や参考書を読んでもなかなか覚えられなかったり、理解が進まないところを目立たせるだけでなく、時間管理に利用したり、思考整理に使ったりと、ふせんで出来ることは多い。
「東大式ふせん勉強法」
「東大式ふせん勉強法」

 「ふせんって、もしや万能なのでは?」と勘違いしてしまいそうになるほど、本書で紹介されている「ふせんを駆使した勉強法」が、手軽で効果的なようだ。教科書や参考書を読んでもなかなか覚えられなかったり、理解が進まないところを目立たせるだけでなく、時間管理に利用したり、思考整理に使ったりと、ふせんで出来ることは多い。

 本書は、子どもが実行しやすいように書かれているが(各項目に保護者に向けたページが必ずある)、一つ一つのやり方は、簡単かつ目的が明確で、語学や資格の勉強などに励んでいる大人にも非常に参考になる。ふせんをドアに貼って覚える「暗記ドア」や、効果的に本が読めるようになる「書き込み読書メモ」など、勉強に直接役立つ手法のほか、時間の使い方を変えるためのふせんの利用法や、ミスを減らすためのふせんを使ったノート術など、勉強のために必要なことがほぼ網羅されている。

 カラフルでシンプルなページレイアウトと、一目瞭然の写真によって、何をどのようにやるのかが一目で分かり、「すぐやってみよう」という気持ちが盛り上がる。子どもと一緒に取り組みやすいのはもちろん、大人もすぐに読めて実行できるのでお勧めだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]