logo

モスバーガーで遠隔での接客対応するロボット「ゆっくりレジ」を実験導入

佐藤和也 (編集部)2020年07月14日 17時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは7月14日、オリィ研究所と協力し、分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を活用した「ゆっくりレジ」の実験導入を発表した。実験は7月27日から8月下旬までの約1カ月間の平日、モスバーガー大崎店にて行う。人手不足の解消に対応するためとともに、レジ対応するキャスト(店舗スタッフ)がその場にいなくても、注文時の応対を介した、人と人のあたたかいコミュニケーションの実現を目指すことを目的としている。

「OriHime」の設置イメージ
「OriHime」の設置イメージ

 実証実験は、モスバーガー大崎店の店頭に時間限定(平日14~18時)でOriHimeを1台設置。会話を楽しみながらじっくり商品を選びたい方に向けたゆっくりレジを稼働。パイロット(OriHimeを分身としてリモートで会話や動作を行う人)は、客と会話しながら注文の受付を担当し、決済は有人レジにて行う。今後、システムを改良することで、OriHimeを通じて注文から決済までを行えるよう機能を拡張する予定という。

 OriHimeは全長約23cmの分身ロボットで、子育てや介護、身体障がいなどの社会的ハン ディキャップにより外出困難な人の分身として、遠隔地であってもあたたかみのあるコミュニケーションを可能とする。実験期間のパイロットは、関西在住の障がいのある方2名が担当予定。OriHimeのそばにパイロットのプロフィールを紹介する案内掲示を設置することで、客とパイロットのスムーズな会話を促すという。

 モスフードサービスでは、今回のゆっくりレジの成果をもとに、ドライブスルー注文への応用や、自走式ロボットによる配膳業務などを検討していく計画。これらについても、2020年度内の実験開始を視野に入れているとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]