logo

グーグル、メインの検索結果でも無料の商品リスティングを開始へ

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2020年06月30日 10時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月29日、「Google検索」の結果にも、企業の商品リスティングを無料で掲載すると発表した。強力なライバルAmazonとの競争をさらに激化させる変更だ。

Googleの看板
提供:James Martin/CNET

 Googleはこれまで、特定の検索語に入札した広告主の商品リスティングをスポンサーリンクの枠に掲載していた。今後このような枠へのリスティング掲載は無料となり、有料広告はページ内の別の場所に表示される。

 Googleは4月に、「Googleショッピング」タブに無料の商品リスティングを追加すると発表していた。今回の変更は、インターネット上でも特に価値の高い場所であるGoogleのメインの検索結果ページに無料のリスティングを直接表示するものだ。この変更はまず米国で適用され、その後他国にも拡大する予定だ。

 新しいリスティング機能によって、GoogleはAmazonとさらに真っ向から対決することになる。両社は、スマートホーム技術を含めてすでに複数の分野で競合している。

 加えて今回の変更は、Googleがショッピングへの注力を一層強化することも示している。同社は2019年、小売ハブであるGoogleショッピングの改良を発表した。アップデートされたサービスでは、商品を閲覧し、それを小売業者のウェブサイトから購入するか、近くの実店舗から購入するか、またはGoogleのサイトから直接購入するかを選択できるようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]