logo

NTT西日本とDNP、コロナ時代の教育プラットフォーム提供へ--電子教材や電子図書館

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本と大日本印刷(DNP)は6月29日、withコロナ/afterコロナ時代に求められる教育のデジタル化を推進するため、共同で教育ICTプラットフォームを提供するとともに、電子教科書・教材や電子図書館などのソリューションを推進すると発表した。

 具体的には、学生・教員がオンライン授業において利用する学内システム(LMS:Learning Management Systemの略)などからシングルサインオンで電子教科書・教材や電子図書館などのサービスを利用可能にする。

キャプション

 また、出版社、丸善雄松堂などの書店との連携によって、大学で利用される電子教科書・教材のオンライン購入や、オンライン閲覧、学修管理が可能となる仕組みを提供するという。提供にあたっては、NTT西日本の「地域創生クラウド」に各大学の配信サーバーを設置することで、動画を含む大容量コンテンツについても、遅延なく快適に閲覧・学修できる環境を提供するとしている。

 両社では、昨今の新型コロナウイルス対策による大学構内への立ち入り禁止措置などを背景に、在宅でも質の高い学びを継続するとともに、授業の実施状況や学生ごとの学修状況の把握など、新たな教育の仕組みの提供とリモート教育環境整備の重要性が高まっていると説明。

 そこで2020年4月に、京都先端科学大学と武庫川女子大学に電子教科書が閲覧できる学内システムを、システムインテグレーションにより導入していたが、現在の社会的要請を受け、教育の質向上などの社会課題への取り組みをより強化したという。

 今後はNTT東日本とも教育ICTプラットフォームの提供にむけて連携し、全国の大学へ提供を広げる予定。さらにオンライン授業で求められている、教員からのマーカー表示やコメントの同期機能など電子教材の改良に加え、大学卒業後も継続利用できるサービスの提供なども進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]