logo

フードデリバリーの「DiDi Food」、大阪市の一部地域で本格展開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DiDiフードジャパンは6月23日、フードデリバリーサービス「DiDi Food」の実証実験を終了し、大阪府大阪市の一部地域において本格的なサービスの提供を開始したと発表した。


 また、注文受付時間を変更。従来の9時〜23時から、9時〜25時へと2時間延長した。

 同社では、2020年4月から大阪市6区(福島区、北区、中央区、西区、浪速区、天王寺区)で実証実験を開始。「がんこ」「KICHIRI」「塚田農場」「ファーストキッチン」をはじめとする多店舗経営の大手飲食店企業が参加し、約2500以上の店舗が登録したという。

 6月24日からは、はなまるが運営する「はなまるうどん」もDiDi Foodで利用できるようになる。


 今後は、大阪市内でのエリア、レストランパートナー、配達パートナーの拡大を目指す。

 拡大予定時期および、対象地域は以下の通り。

 6月末に、淀川区、阿倍野区、都島区、西成区、生野区(一部)、大正区(一部)に対応。

 7月末に、住吉区、城東区、鶴見区、東成区、大正区、港区、此花区(一部)、生野区、東住吉区、平野区(一部)、東淀川区(一部)に対応。


 8月末に、旭区、西淀川区、東淀川区、平野区、住之江区(一部)に対応。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]