logo

Mac miniに独自チップ「Apple Silicon」を搭載--アップル、500ドルの開発者向けプログラム

坂本純子 (編集部)2020年06月23日 05時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは6月23日、年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で消費電力が少なく高パフォーマンスを実現する独自チップ「Apple Silicon(Appleシリコン)」を発表した。

 これに伴い、開発者向けにQuick Start Program(500ドル)を立ち上げた。登録すると、A12Z Bionic System on a Chip(SoC)を搭載したMac miniとmacOSの次のメジャーリリースとなるmacOS Big Surの開発用ベータ版、Xcodeをセットにした「Developer Transition Kit(DTK)」が利用できる。DTKは返却が必要だとしている。

 なお、Intelプロセッサ移行時に行われた同様の開発者プログラムは999ドルだった。

Quick Start Programの内容
Quick Start Programの内容

 このほかにも資料やサンプルコードが提供され、developer.apple.comのフォーラムやDTSの優先サポートインシデント、世界中のラボへのアクセスも可能になるという。DTKもプログラムに含まれ、開発者は量産品が出荷される前に開発にとりかかれる。

Developer Transition Kit(DTK)のMac miniのスペックと内容
Developer Transition Kit(DTK)のMac miniのスペックと内容

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏は、「今日はMacの歴史が変わる歴史的な日。Macを新しい段階へ飛躍させる大きな変革の話をする」とし、Apple Siliconを搭載したMacに移行することを説明した。

 今回のApple Siliconは、AppleにとってPowerPCの採用、Mac OS Xへの転換、Intelへの移行に続く大きな変革になる。

 Appleは、「ハードウェアとソフトウェアの統合はすべての基本であり、プロダクトが素晴らしい理由。シリコンはハードウェアの“核”」と語る。シリコンとソフトウェアの統合がアップルの強みだ。

 今回発表したmacOS Big Surにより、Apple Siliconへの移行をユーザーにも開発者にとってもスムーズにし、Macのパフォーマンスも今まで以上に進化できるとした。2020年末までにApple Siliconチップを搭載した最初のMacを出荷し、2年ほどで移行を完了させる計画としている。

「今日はMacの歴史が変わる歴史的な日」とティム・クック氏
「今日はMacの歴史が変わる歴史的な日」とティム・クック氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]