logo

ハネウェル、量子コンピューターの成果示す--「世界で最も高性能」

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年06月19日 14時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Honeywell Internationalは米国時間6月18日、注目されている指標で、IBMのマシンを打ち負かすほどに量子コンピューターの性能を向上させていると説明した。Honeywellは、「世界で最も高性能」な量子コンピューターを開発していると述べている。この成果により、同社のマシンは少なくとも当面の間、その座を維持するかもしれない。

Honeywell
提供:Honeywell

 この成果は、Honeywellが3月に明らかにしていた計画を実現するものだ。量子コンピューターの性能を今後5年間にわたり毎年10倍のペースで向上させるという同社の野心的な取り組みの節目となる。

 Honeywellは、同社の量子コンピューターが量子ボリュームという指標で64を達成したとしている。結果は、IBMのマシン「Raleigh」が1月に達成したと発表した32を上回った。

 量子コンピューティングは、「従来型」の通常のコンピューターでは事実上、解決が不可能な問題を解決できると期待されている。現在のところ、量子コンピューターの多くは難しい研究プロジェクトという位置づけで、Googleが「量子超越性」を実証して従来のコンピューター技術を大幅に上回ったと主張しているにすぎないかもしれない。

 しかし、研究者らが量子ビットの数を増やすとともに、計算を狂わせるような問題を防ぐ手段を得られるようになれば、量子コンピューターはさらに強力になると期待される。活用が期待されるタスクには、金融ポートフォリオの最適化、機械学習、ソーラーパネルやバッテリーといった新素材の設計などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]