logo

「ハローページ」発行終了へ--スマホの普及や個人情報への意識変化で配布・掲載数が減少

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本電信電話(NTT東日本)と西日本電信電話(NTT西日本)は6月18日、ハローページ(50音別電話帳)の個人名編と企業名編について、2021年10月以降に発行・配布する最終版をもって、終了すると発表した。

 今回の終了については、携帯電話やインターネットなどの固定電話の代替手段の普及や、通話アプリやSNSなどのコミュニケーション手段の多様化。さらには、個人情報保護に関する社会的意識の高まりなどの環境変化により、配布数・掲載数が大きく減少していることが原因だとしている。

 最終版発行は2021年10月以降、地域ごとの発行スケジュールに基づいて行う予定。エリアごとの発行スケジュールや配布終了についての案内は、公式ホームページおよび、今後発行するハローページやタウンページ(職業別電話帳)の誌面などで発表するという。また、掲載受付と掲載省略の受付締め切りは、通常発行時期の約4カ月前になる。

 なお、ハローページ最終版発行後も、引き続き「番号案内(104番)」サービスは提供される。無料の「点字電話帳」についても発行を継続し、聴覚障がい者などを対象として電話番号の問い合わせをFAXで受け付ける「NTTファクス104」と番号案内料を無料とする「ふれあい案内(無料番号案内)」の対象を拡大するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]