logo

レゴ「マインドストーム」に7年ぶりの新ロボットキット「Robot Inventor」

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年06月15日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LEGOの「MINDSTORMS(マインドストーム)」シリーズに、新たなキットが加わった。949のピースで構成され、価格が359.99ドル(約3万9000円)の「Robot Inventor」キットでは、5種類のロボットを組み立てられる。それ以外にも、工夫次第でさまざまな独自のロボットを作ることができる。

Gelo
組み立てられる5種類のロボットのうちの1つ、「Gelo」
提供:Lego; illustration by Stephen Shankland/CNET

 直近のMINDSTORMSのアップグレードキットは2013年発売の「EV3」コンピューターで、Linux OSを搭載する従来より高度なモデルだった。長い空白期間の後、LEGOは米国時間6月12日にRobot Inventorキットを発表した。目玉の部品は新たなデバイス「Intelligent Hub」で、6基の入出力ポート、5x5のLEDディスプレイ、方向や動きを検知する加速度計センサー、Bluetooth、USBポート、スピーカーを備える。

 Robot Inventorキットで組み立てられるロボットモデルは、以下の5種類だ。

 「Blast」は、障害物を叩いたり、物をつかんだり、動きを感知したらダーツを発射したりできる。「Charlie」は、ハイタッチやドラム演奏、ダンスを行える。「Tricky」は、ボウリングやサッカー、バスケットボールのスラムダンクができるスポーツ専用ロボットだ。「Gelo」は4本脚で歩いて障害物を避けられる。「M.V.P.」は、バギー車やクレーンなどの基礎にできる遠隔操作式車両だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]