logo

アップル、教育ツール「iTunes U」を2021年に終了へ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2020年06月11日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、リモート教育向けアプリ「iTunes U」のサービスを2021年末に終了し、より新しいアプリである「スクールワーク」と「クラスルーム」に置き換えると、米国時間6月10日、同社のサポートページで発表した。

リモート授業のイメージ
提供:James Martin/CNET

 この決定は予想外のことではない。iTunes Uは2017年以降は機能が更新されていなかった。新型コロナウイルス感染拡大の中、多くの学校がオンライン授業に移行している。同社のスクールワークアプリでは、教師がクラウド経由で生徒向けの課題や情報をリモート管理できるようになる。また、クラスルームアプリを使えば、「iPad」を教育助手として使用可能で、教師が授業を通じて学生を指導したり、学習の進み具合をチェックしたりする際に役立てることができる。

 現在もiTunes Uを使っている教師や生徒は、2020年から2021年にかけての学年度は利用を継続できるが、この学年度の終わりまでにすべてのコンテンツをスクールワークに移行する必要がある。iTunes Uは2013年にはダウンロード回数が10億回に達したが、当時から米国外からのダウンロードが過半数を占めていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]