logo

積水ハウス、ブロックチェーン活用で賃貸にまつわる手続きをワンストップ化

加納恵 (編集部)2020年06月08日 16時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 積水ハウスは6月8日、賃貸住宅「シャーメゾン」の入居希望者に、賃貸物件の内覧、契約手続き、生活インフラの契約などをワンストップ化したサービスの提供開始を目指すと発表した。企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」のブロックチェーン技術を活用する。2020年度中の運用開始を目指す。

引っ越し手配や電気・ガス・保険等の生活インフラサービスの手続きを簡素化する
引っ越し手配や電気・ガス・保険等の生活インフラサービスの手続きを簡素化する

 新サービスは、賃貸入居時のプロセスをワンストップ化するというもの。内覧申込み時に、PC、スマートフォンなどから、入居希望者の意思に基づいて情報連携した登録済みの本人情報を使って、現住所や電話番号などの入力作業を簡略化し、申込みを効率化したり、内覧時にはスマートフォンから開錠や施錠を実現。引っ越し手配や電気・ガス・保険等の生活インフラサービスの手続きも登録済みの本人情報を使うことにより、簡素化できる。

 不動産賃貸業界では、さまざまな手続きにおいて、身元確認を目的とした本人確認が必要となり、引っ越しでは、賃貸物件の内覧や契約手続きから、固定通信や電気、ガスといったライフラインの契約や住所変更手続きなどで、サービスを提供する企業ごとに、本人確認書類の提出や書類の記入が必要だった。今回ブロックチェーンを活用した独自の情報連携制御技術により、入居希望者の意思に基づく情報連携先の制御を実現。セキュリティも確保しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]