logo

「Pixel」シリーズに新機能--睡眠改善の「おやすみ時間」や安全機能など

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年06月02日 12時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月1日、スマートフォン「Pixel」に複数の新機能を追加すると発表した。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Googleが2019年12月に開始した定期アップデート「feature drops」では、Pixelに新しい機能を3カ月ごとに提供しており、今回が3回目となる。

 今回は、Pixel 2以降の機種で「自動調整バッテリー」機能が強化され、バッテリーが切れる時間を予測して、バックグラウンドでの動作をさらに減らすようになる。

 「時計」アプリには、安定した睡眠スケジュールを立ててスマートフォンの画面を見ている時間を制限するのに役立つ「おやすみ時間」機能が追加された。もうすぐ就寝時刻になることを知らせるリマインダーの設定や、眠りにつくための心地良いサウンドの再生などができる。就寝時間を過ぎてスマートフォンを利用した場合、どのアプリにどの程度の時間を使ったかが分かる。

 さらに、これまで「Pixel 4」のみに提供していた「緊急情報」アプリが全Pixelデバイスに提供される。「Pixel 3」には自動車衝突検知機能が加わる。さらに、予定していた場所に無事到着したことを確認する「チェックイン」をアプリからスケジューリングするなど、新しい安全機能も導入される。

新たな安全機能
新たな安全機能
提供:Google

 「レコーダー」アプリもアップデートされ、「Googleアシスタント」を使って音声録音の開始、停止、検索ができるようになった。さらに、録音した音声を文字に起こして「Googleドキュメント」に保存できるようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]