logo

「Googleマップ」Androidアプリ、「Plus Codes」で位置情報の共有を容易に

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年05月29日 11時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住所が分からない場所にいる場合、位置情報を共有するのは簡単ではないかもしれない。Googleは、「Android」デバイスのユーザーが、「Googleマップ」で「Plus Codes」を使って位置情報を簡単に共有できるようにすると発表した。

Google Maps
提供:Google

 Googleは、米国時間5月28日のブログ記事で次のように述べている。「青いドットをタップするだけで、現在位置のPlus Codeを取得し、電話番号を教えるのと同じくらい簡単にほかの人と位置情報を共有できる」。また、「青いドットをタップする以外に、マップを長押しし、Plus Codeを知りたい場所にピンをドロップしてPlus Codeを取得することもできる」としている。

 このPlus Codeを、自分を探している人や特定の場所で待ち合わせしている人と共有すれば、相手はGoogleマップに直接コードを入力し、それに従って移動できるようになる。Plus Codeを生成する技術はオープンソースとなっており、ユーザーは仕組みを確認したり、独自のアプリケーションを開発したりできる。

 この機能は、今後数週間のうちにAndroid向けにリリースされる次期バージョンのGoogleマップアプリに搭載される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]