logo

アットホーム、AI活用し「物件アピールコメント」を自動生成--GFLらと共同研究

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アットホームは5月25日、アットホームラボおよびGFLと業務提携し、AIを活用した不動産クロージング技術についての共同研究を開始したと発表した。アットホームに集約されている多様で膨大な不動産情報に、アットホームラボのデータ解析技術とGFLのマーケティングソリューション技術を融合して、価値の向上を図る。

アットホームは、アットホームラボおよびGFLと業務提携し、AIを活用した不動産クロージング技術についての共同研究を開始した
アットホームは、アットホームラボおよびGFLと業務提携し、AIを活用した不動産クロージング技術についての共同研究を開始した

 研究の具現化策の第1弾として、2020年秋頃をめどに、物件の「アピールコメント自動生成機能」を、「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」に搭載する予定だ。

 アットホームによると、不動産情報の価値は、取引が成立する瞬間(クロージング時)に最大化するが、クロージングには豊富な経験と高度な説明力、言語化力が求められるため、これまでは限られたベテラン営業担当者のクロージングスキルに依存していたという。

 このクロージングスキルにAIを活用し、アピールコメント自動生成機能を導入。これまで不動産会社が、物件広告作成の際、1件1件文面を考えて手入力していた業務が軽減されるとともに、より魅力が伝わりやすいアピールコメントの作成が可能となる。

 具体的には、不動産のクロージング技術として、「物件の潜在価値抽出技術」「顧客洞察抽出技術」「言語化技術」の3領域を探求する。

 物件の潜在価値抽出技術としては、アットホームラボが蓄積してきた画像やテキストの解析技術をもとに、物件ごとの隠れた魅力を抽出し、消費者に気付きと確信を与えられるような表現開発を研究する。

 顧客洞察抽出技術としては、アットホームに蓄積しているDMP(データマネジメントプラットフォーム)データや行動履歴を活用し、消費者一人ひとりの深層欲求をきめ細かく把握する技術を探索する。

 言語化技術としては、問い合わせや閲覧行動から、アピールコメントを自ら学習し進化させていく自立技術の実現を研究する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]