logo

40周年を迎えた「パックマン」の動きをAIだけで再現--NVIDIAが成功

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは、登場から40周年となったゲーム「パックマン(PAC-MAN)」の動きを、ゲームエンジンを使うことなく、敵対的生成ネットワーク(GAN)システム「GameGAN」で再現させることに成功した。

AIがパックマンの動きを再現(出典:NVIDIA)
AIがパックマンの動きを再現(出典:NVIDIA)

 GameGANは、ニューラルネットワークの一種であるGANシステム。パックマンをプレイした5万件の映像(エピソード)を学習させることで、パックマンの動作を再現できたという。学習の結果、静的なオブジェクトである迷路の形状、ドットの存在、壁を通り抜けられなかったり、ドットを食べたりするパックマンの動きなどが、パックマン用ゲームエンジンを使わず作れた。

 プレイ映像を見せられるだけでゲームの動きを再現したことから、NVIDIAは、AIが環境のルールを見るだけで学べるとしている。

 なお、パックマンは、バンダイナムコエンターテインメントが1980年にリリースしたゲーム。GameGANを使った今回の取り組みに対し、バンダイナムコはNVIDIAに学習用データを提供した。

取り組みの紹介ビデオ(出典:NVIDIA/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]