logo

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が5月19日にオープン

飯塚 直 佐藤和也 (編集部)2020年05月15日 16時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会が中心となり、50社の参画企業で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は5月15日、自宅からさまざまなイベントの開催・参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を5月19日からオープンすると発表した。

キャプション

 参加には、スマートフォンやPC、VRデバイスを利用(利用料金は無料)。ただし、「cluster」の無料アカウント作成と、利用するデバイス用の「clusterアプリ」のインストールが必要となる。

 バーチャル渋谷では、アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントが楽しめるという。

 イベントの様子については、動画配信サービス(Periscopeまたは、YouTube Live)などでも配信。渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開するという。また、イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間になっている。

キャプション

 さらに、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツの体験も可能。

 XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していくという。デジタルツイン (ミラーワールド) におけるイベントは、今夏を予定している。

 なお、5月19日は「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」と題したオープニングイベントを開催。「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、SEKAI NO OWARIのDJ LOVE氏やにじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナ氏のほか、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナーの若槻千夏氏、S/U/P/E/R DOMMUNE代表の宇川直宏氏らがアバターとして登場。攻殻機動隊シリーズの魅力について熱く語るLIVEトークイベントを実施する予定としている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]