logo

グーグル、「Chrome 83」でタブグループ化機能をサポート

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年05月14日 12時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブブラウザー「Google Chrome」にタブグループ化機能が本格導入される。Googleは米国時間5月13日、来週リリース予定の「Chrome 83」にタブグループ化機能が搭載されると発表した。

Google
提供:Google

 この機能に対する取り組みは2018年11月に始まり、初期バージョンは2019年3月に限られた範囲でテストが始まった。

 その間も、Chromeのタブグループ化機能の開発は続き、インターフェースの改良のほか、タブグループの色を選べる機能やタブグループ名を追加する機能、タブバー内でタブグループをドラッグして移動する機能など、ユーザーによる制御機能の改善が続いていた。

Google
提供:Bret Sepulveda

 タブのグループ化は、Chromeコミュニティーで長く待ち望まれてきた機能だ。コミュニティー内では、何年も前からこの機能を望む声が多かった。これまでは、タブをグループ化したければ、サードパーティー製の拡張機能をインストールしなければならなかった。

 Chromeは来週から、タブグループ化機能を正式にサポートするブラウザーとして、「Vivaldi」や「Opera」と肩を並べる。

Vivaldi
Vivaldiのタブスタッキング機能

 タブのグループ化というコンセプトは、2000年代後半に初めてOperaに導入されたが、当時Operaで使われていたブラウザーエンジンは、今ではもう使われていない。

 Firefoxもタブグループ化機能を搭載していたが、その後、ブラウザーのメインコードベースから削除された。ただし、Mozillaは今でも拡張機能の開発者にAPIを提供し、同様の機能をサポートしている。

Mozilla

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]