logo

「Googleレンズ」アプリ、手書き文字をPCにペースト可能に--発音を学べる機能も

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年05月08日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月7日、カメラの前にあるものを認識する「Googleレンズ」アプリに複数のアップデートを加えたと発表した。

 まず、スマートフォンでテキストをスキャンしてPCのクリップボードにペーストできるようになった。この機能は「iOS」版と「Android」版のアプリで利用できる。「Chrome」ブラウザーの最新版と、両デバイスで同じGoogleアカウントを使ってログインすることが必要だ。Googleによると、「丁寧に書かれていれば」手書き文字にも対応するという。

テキストをスキャンしてPCの「Chrome」ブラウザーにペーストする様子
テキストをスキャンしてPCの「Chrome」ブラウザーにペーストできる
提供:Google

 また、スキャンしてレンズに取り込んだテキストを新たな「Listen」ボタンによってオーディオ再生する機能も追加された。まずAndroidに提供されており、近いうちにiOSにも提供予定だ。レンズは既に100種類の言語のテキストを翻訳することが可能だが、オーディオ再生機能には、文字で書かれたものをどのように発音するかを学べるようにする狙いがある。

Googleレンズがスペイン語を読み上げる様子
Googleレンズがスペイン語を読み上げる様子
提供:Google

 3つ目の機能として、スマートフォンのカメラでスキャンしたテキストを選択するとGoogle検索がポップアップし、知らない言葉の意味などを調べられる機能がAndroid版とiOS版に追加された。

 Googleは最近、拡張現実(AR)やGoogleレンズの機能に対して実用的なアプローチをとっており、今回のアップデートもその延長線上にあるようだ(他に、動物をAR表示する楽しい機能も提供されている)。率直に言って、筆者は日常生活でレンズをあまり使用していないが、機能がさらに追加され続けるなら、日々の検索およびスキャンツールとしての利用が増える可能性はあるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]