logo
新型コロナウイルス関連

「10万円給付」のオンライン申請が5月1日に受付開始--まずは679市区町村から

藤井涼 (編集部)2020年05月01日 12時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた政策の一環として、家計支援を目的に国民1人あたりに10万円を一律で給付する「特別定額給付金」のオンライン申請の受付が、5月1日に開始した。受付開始日は各市区町村によって異なるが、まずは679市区町村にて始まっている。

 オンライン申請による場合は、郵送による申請書が手元にある必要はないため、申請書の到達を待つ必要はないという。

キャプション

 オンライン申請のフローは、政府が運営する申請サイトとなる「マイナポータル」にアクセスし、申請書を作成して、振込先口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し)をアップロード。マイナンバーカードで電子署名し、送信するという流れだ。具体的には以下となる。

  1. マイナポータルにアクセス
  2. 「お住まいの市区町村」を選択
  3. 「特別定額給付金の申請」を選択
  4. 「制度内容」で要件等を確認
  5. 「申請する」を押下して「申請書」を作成
  6. マイナンバーカードによる電子署名を実施
キャプション

 オンライン申請ができるのは、4月27日時点において世帯主である人。また、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要となる。

 また、マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むために、PCとICカードリーダライター、またはカード情報を読取り可能なiPhone(iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降)や、Androidスマートフォン(合計124機種)などのスマートフォン端末が必要となる。

 なお、署名用電子証明書については5回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかり、発行を受けた市区町村の役所窓口においてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定が必要となるため注意が必要だ。

キャプション
キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]