logo
新型コロナウイルス関連

混雑するスーパーで“3密”を防止--来客カウントシステム「Locarise TRAFFIC」に新機能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Locariseは、高精度な3Dセンサーを搭載した来客追跡システム「Locarise TRAFFIC」において、スーパーマーケットなどでの3密を防ぐための新機能「SIGNAL」の提供を開始した。

キャプション
来店分析カメラ「Xovis3Dセンサー」

 この機能は、店舗出入口に来店分析カメラ「Xovis3Dセンサー」を設置し、来店客数をリアルタイムでカウントしながら、店舗内の混雑状況をモニタリング。リスク回避をタブレットやデジタルサイネージに自動で表示するというもの。新型コロナウイルス感染対策に挙げられている、「密閉」「密集」「密接」(3密)を防ぐ一助になると説明する。

 Xovis 3Dセンサーカメラは、映像解析によって人の集まっている場所のヒートマップ表示、長時間同じ場所にいる(待たされている)顧客の表示色変更、顧客の動きを記録するゾーン指定などが可能。PoEに対応し、インターネット回線があれば簡単に設置・利用できる。さらに、端末内で解析を行うため、プライバシーに配慮して画像データを保存せず即時破棄することも可能となっている。

 新機能では、来店客数によって、通常(緑色)、注意(黄色)、規制(赤色)といったように表示を変えることができ、表示人数設定をPCやタブレット画面上でカスタマイズできる。カウントした来店客数を表示すると同時に、規制したい人数に達した場合はアラートをディスプレイで表示することで、来店客の行動変化を促すという。

キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]