logo

在宅時間増加で気になる電力消費量を見える化--「Nature Remo E lite」

加納恵 (編集部)2020年04月28日 11時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Natureは4月28日、スマートメーターと連携し、自宅の電力消費活動の見える化する「Nature Remo E lite」の発売を開始した。在宅時間が増えたことにより、電気代が増加していると感じる人にも家庭内の節電対策として効果的だ。税込価格は1万6280円だが、5月6日まで外出自粛応援キャンペーンとして1万4800円で提供する。

「Nature Remo E lite」
「Nature Remo E lite」

 Nature Remo E liteは、2019年12月に発表。太陽光、蓄電池、スマートメーター等の機器と連携し、電力の消費状況や太陽光発電システムの発電状況をリアルタイムに確認できる「Nature Remo E」が先行して発売されており、Nature Remo E liteは、スマートメーターとの連携のみに対応したエントリーモデルになる。

 自宅のコンセントに挿すだけで設置ができ、連携した家庭のスマートメーターの電力消費情報を、スマートフォンの「Nature Remoアプリ」からモニタリングが可能。別売のスマートリモコン「Nature Remo」と合わせて使えば、家電の消し忘れを確認したり、家電を遠隔で操作したりもできる(Nature Remoで操作できる赤外線リモコン付き家電に限る)。

 スマートメーターは、近年急速に導入が進んでおり、2024年までには国内全世帯での導入が予定されているとのこと。本体重量は約75gで、Wi-SUN、Bluetooth Low Energy、Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)に対応する。

 NatureではNature Remo E liteの発売に合わせて、電力データを取得できるAPIを公開。Nature Remo Eシリーズで収集したスマートメーターから取得する電力消費量の積算値がAPI経由で取得できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]