AT&T、スティーブンソンCEOが退任へ--COOのスタンキー氏が後任

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月27日 09時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tのトップが交代する。同社は米国時間4月24日、会長と最高経営責任者(CEO)を13年間務めたRandall Stephenson氏がCEOを退任し、プレジデント兼最高執行責任者(COO)のJohn Stankey氏が、7月1日付けでCEOに就任すると発表した。

AT&T CEO Randall Stephenson
Randall Stephenson氏
提供:CNET

 Stephenson氏(60歳)は、2021年1月までAT&Tの取締役会長にとどまる。同氏の退任後、独立取締役を新会長として選出する。Stankey氏は、6月1日付けで取締役に加わる。

 Stankey氏(57歳)はWarnerMediaやAT&T Entertainment GroupのCEOを務めた経歴を持つ。AT&Tには1985年に入社した。2019年10月に、現職のプレジデント兼COOに就任している。

 AT&Tは先週、新しい動画配信サービス「HBO Max」を5月27日に開始すると発表した。

 Stephenson氏は、AT&Tで数多くの主要なイニシアチブを指揮してきた。2007年の初代「iPhone」の発売、3Gから4G、そして現在の5Gネットワークにいたる同社のワイヤレスサービスのアップデートなどだ。また、同社の事業をエンターテインメント分野にも拡大した。2015年にはDirecTVを490億ドルで買収したほか、2018年にはTime Warnerを850億ドルで買収している。2011年にはT-Mobileの買収を検討したが、断念した。

John Stankey
John Stankey氏
提供:AT&T

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]