新型コロナ、AIで既存の治療薬選定に有効なメカニズム解析に成功--FRONTEO、製薬企業らに無償公開へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FRONTEOは4月24日、同社が独自開発した、病気にかかわる重要な遺伝子や分子を可視化するAIシステム「Cascade Eye」を利用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するパスウェイマップ(遺伝子等の関係性をつないだもの)の構築に成功したと発表した。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパスウェイマップ。青は原因性遺伝子、緑は応答性遺伝子、ベージュはそれらをつなぐ分子を表す。赤で示された遺伝子や分子は、既存の薬やツール化合物のターゲットになっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパスウェイマップ。青は原因性遺伝子、緑は応答性遺伝子、ベージュはそれらをつなぐ分子を表す。赤で示された遺伝子や分子は、既存の薬やツール化合物のターゲットになっている

 同社によると、パスウェイマップ上に示された分子や遺伝子に関する論文を解析することにより、既存薬の候補を探索可能で、既存薬のターゲットになっている分子も判明しているという。また、パスウェイマップを治療薬の選定に利用してもらうべく、広く製薬企業や公的機関などへと公開する。

 なお、「Cascade Eye」は、人間の思い込みやバイアスなしにAIが判断するため、既存の知識・経験だけでは見逃す可能性がある新規ターゲット、バイオマーカーの発見に加え、有効性・安全性の予測等にも網羅性をもって応用可能。

 同社では、COVID-19終息後も、新たなウイルスパンデミックが発生する可能性は否定できないことから、今回の研究成果について、今後のウイルスパンデミック発生時により短期間での治療薬の候補選定に有用なものと考えている。さらに、国家的緊急時におけるリスクマネジメント体制の基盤となる技術だとしている。

 
パスウェイマップの一部を拡大したもの パスウェイマップの一部を拡大したもの

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]