logo

パナソニック、「4Kビエラ」に液晶ハイグレードモデル--新4K衛星放送をよりきれいに

加納恵 (編集部)2020年04月20日 11時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月20日、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載した液晶テレビ「4Kビエラ」に「HX850シリーズ」を追加した。新4K衛星放送の画質が大幅に向上したハイグレードモデルになる。発売は6月26日。49V型の「TH-49HX850」(想定税別価格:16万円前後)、43V型の「TH-43HX850」(同:14万円前後)の2モデルをラインアップする。

「TH-49HX850」
「TH-49HX850」

 独自の「ヘキサクロマドライブ」技術により、4K映像本来の色を忠実に描き出す高画質再生を実現。3次元カラーマネジメント回路を搭載し、淡い色や陰影をリアルに再現する。本体には「AI HDRリマスター」を備え、地上デジタル放送などのSDR映像も高画質化する。

 新4K衛星放送に採用されているHDR(HLG)方式の画質を向上させるため、新たな画質処理アルゴリズムを採用。明るさ情報をシーンごとにリアルタイムに解析し、パネルの持つコントラスト性能を最大限引き出せるようにHDR映像を高画質化処理することで、あらゆる4K番組を明るく高コントラストに表示できるとしている。HLG方式のほか、HDブルーレイの標準規格「HDR10」や「HDR10+」「Dolby Vision(ドルビービジョン)」の4方式に対応する。

 LEDバックライトを分割駆動する「バックライトエリア制御」と、緻密なコントラスト処理で明暗の表現力を高める「エリアコントラスト制御」による「Wエリア制御」で、高いコントラスト感と明暗の表現力を両立。HDR信号の情報を解析してバックライトの制御にも活用することで、暗いシーンも高コントラストに表現できるとしている。

 「4Kファインリマスターエンジン」を備え、地上デジタル放送やネット動画も高精細の4K映像のような高画質で視聴することが可能。スポーツ中継など動きの激しい映像は、映像内でオブジェクトが動く量を検出し、背景とオブジェクトを分離することで、映像もなめらかに表示「オブジェクト検出 倍速表示」を搭載する。

 立体音響「ドルビーアトモス」に対応するほか、「30W ダイナミックサウンドシステム」により、クリアで聞き取りやすいサウンド再生を実現。吸着機能付きの「転倒防止スタンド」も備え、地震に強く、倒れにくい。

リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]