logo

グーグルからスピンオフしたWing、ドローン配送のFAA認可を取得

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月24日 06時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦航空局(FAA)は、Googleの親会社であるAlphabet傘下のドローン新興企業Wingに対し、小規模航空会社と同じ認可を与えた。Wingが米国時間4月23日に、これを認めた。これによりWingは、航空会社と同じ米政府認可を取得した初めてのドローン企業となった。

Wingのドローン
提供:Wing

 「航空事業者認可により、当社は米国内で、地元企業から家庭に商品を配送する商用サービスを開始することができる」と、WingはMediumのブログ記事に記した。Wingの認可については、Bloombergが報じていた。

 Wingによると、同社の次のステップは、バージニア州南東部で実施されている政府の無人航空機(UAS)統合パイロットプログラムへの参加を拡大することだ。同社は、年内に配送試行を開始することを目標に、ブラックスバーグやクリスチャンズバーグ地区の企業やコミュニティーに協力を求めるという。

 Wingは2018年9月からFAAと連携していた。同社は18カ月間の試験を経て、オーストラリアで初のドローン配送サービスを開始している。2019年春のうちに、欧州でもサービスを開始する計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]