logo

東芝、美しい地デジとスムーズなゲームプレイを楽しめる「レグザ S24」

加納恵 (編集部)2020年04月08日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは4月8日、液晶テレビに「レグザ S24シリーズ」を発表した。「レグザエンジンファイン」搭載により、精細感のある美しい地上デジタル放送が見られる。発売は4月17日。想定税別価格は32V型の「32S24」が4万4000円前後、24V型の「24S24」が3万前後になる。

「レグザ S24シリーズ」
「レグザ S24シリーズ」

 レグザS24シリーズは、1366×768ピクセルのハイビジョンモデル。残像低減、階調、質感、色彩表現に富み、高速起動などにも対応する映像処理エンジンレグザエンジンファインを備え、精細でクリアな映像を再現する。

 地上、BS、110度CSデジタル放送用チューナーをそれぞれ2基搭載し、別売のUSBハードディスクを接続すれば録画しながら別の番組を視聴できる「2チューナーウラ録」に対応。録画番組は自動でチャプター分割し、見たいシーンから素早く再生できる「マジックチャプター」を装備する。

 レグザならではの低遅延を実現したゲームモードをはじめ、映画、標準、ライブ、あざやか、PCといった映像モードにより、コンテンツに合わせ、最適な映像を再現する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]