logo

大分空港がアジア初の宇宙港に、Virgin Orbitと大分県が提携--2022年の打ち上げ目指す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 航空機によるロケット空中発射方式で人工衛星の打ち上げ事業を計画しているVirgin Orbitは、航空機を離陸させる宇宙港の実現に向け、大分県と提携した。大分空港を利用し、2022年の早い時期に打ち上げ実行を目指す。

アジア初の宇宙港になる大分空港(出典:Virgin Orbit)
アジア初の宇宙港になる大分空港(出典:Virgin Orbit)

 Virgin Orbitは、「Boeing 747-400」に空中発射ロケットを装着し、高高度に達してからロケットを発射して小型人工衛星を打ち上げる「LauncherOne」システムを開発している。このための飛行場として、アジア地域で初めて大分空港を選定した。

 大分県は、Virgin Orbitとの提携を通じ、鉄鋼、石油化学、半導体、自動車といった分野に関係する地元企業の宇宙産業進出を支援する考え。

 なお、Virgin Orbitは、提携関係にあるANAホールディングスと、日本で宇宙港の開港を目指している社団法人であるスペースポートジャパンの協力を得て、大分空港を選んだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]