logo

Twitter、非公開ファイルがFirefoxのキャッシュに保存されるバグを公表

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月03日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間4月2日、「Firefox」ブラウザーを使って同社のプラットフォームにアクセスしたユーザーに影響するバグを公表した。

PCの画面に表示されたTwitterのロゴ
提供:Image via Yucel Moran

 Twitterによると、Firefoxブラウザーのキャッシュ(ウェブサイトが一時的に保存するデータ)に非公開のファイルが保存される可能性があったという。

 ユーザーがTwitterからログアウトしても、ファイルはブラウザーのキャッシュに残る可能性があったとTwitterは説明。PCを共有しているユーザーや、公共のPCを使っているユーザーに注意を促している。

 「公共または共有のパソコンを使用してTwitterにアクセスしている、またはアクセスしたことのある方は、ログアウトする前にブラウザのキャッシュを削除することをおすすめします。また、他の利用者も利用するパソコンでダウンロードした個人情報の取り扱いにはご注意ください」(同社)

 こうした非公開ファイルには、ダイレクトメッセージ(DM)で送受信したファイルや、プロフィールの設定ページからダウンロードしたデータアーカイブファイルなども含まれる。

 Twitterによると、キャッシュして7日を過ぎたデータは、Firefoxで自動的にすべて消去されるという。

 Firefoxの「ツール」メニュー(短い横線3本のアイコン)から「オプション」>「プライバシーとセキュリティ」と進み、「Cookieとサイトデータ」セクションの「データを消去」をクリックすればキャッシュを消去できる。

キャッシュ消去の画面
提供:ZDNet

 Twitterはこのバグをすでに修正し、非公開の情報がキャッシュされないようにしたという。このバグは「Safari」「Chrome」など他のブラウザーには影響しない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]