logo

ウォレットアプリのKyash、約47億円を調達--デジタルバンク事業に投入

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kyashは3月31日、シリーズCラウンドにおいて、約47億円の資金調達を実施したと発表した。これにより、累積資金調達額は約74億円になる。

キャプション
4月上旬に発送予定の「Kyash Card」

 Kyashは、ウォレットアプリ「Kyash」のほか、アプリと連動したプリペイドカード「Kyash Card」を個人向けに提供。また、法人向けには、Web APIを通じて即座にVisaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を展開している。決済上限額などが引き上げられ、タッチ決済にも対応するKyash Cardは、すでに申し込み受付を開始。4月上旬での発送を予定している。

 今回の調達は、シリーズBラウンドから参画した米Goodwater Capitalと、ベンチャーキャピタル(VC)Greenspring Associatesをリード投資家とし、グロースエクイティファンドの英Greyhound Capital、米Altos Ventures、グローバルVCのPartech Partners、米Broadhaven Ventures、米Tekton Venturesなどがそれぞれ運営するファンド、DST GlobalのマネージングパートナーであるRahul Mehta氏を引受先とした第三者割当増資を実施。シリーズAラウンドから参画する国内VCのジャフコも継続する。

キャプション

 調達した資金については、事業領域の拡大のほか、特にデジタルバンク事業の推進に活用するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]