logo
新型コロナウイルス関連

IBMとThe Weather Channel、新型コロナ感染状況を示すマップを提供

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月26日 09時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間3月25日、The Weather Channelが提携して、新型コロナウイルスの感染状況に関するデータを提供すると発表した。

提供:The Weather Channel
提供:The Weather Channel

 The Weather Channelのモバイルアプリ、weather.com、オンラインダッシュボードで、郡レベルまでの詳細な感染事例を示す感染マップや、州別の傾向グラフなどの情報を入手することができる。検査センターや医療施設の場所や、その他の公衆衛生情報を追加することも計画されている。

 発表によると、ダッシュボードはIBMの「Watson」を活用し、「IBM Cognos Analytics」を基盤として構築されている。

 このツールは、世界保健機関(WHO)と複数の国家、州、地域当局からのデータにアクセスして分析するという。米CNETは、報告されているすべての事例を含んでいないように思われる郡が、一部存在することを発見した。最新情報については、各地域の保健当局の情報を参照した方がいいかもしれない。IBMとThe Weather Channelにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]