logo
アフリカ現地レポート

アフリカの配車アプリやフードデリバリーを使ってみた--現地ならではの課題も

藤井涼 (編集部)2020年03月24日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この特集「アフリカの“奇跡”--急成長するIT国家『ルワンダ』の今」では、フツ族とツチ族の民族対立をきっかけに、80万人が虐殺された1994年のジェノサイド事件から26年が経ち、「アフリカの奇跡」と呼ばれるまでに急成長を遂げているルワンダを、さまざまな角度から現地取材するこで同国の“今”をお伝えする。

ルワンダの首都キガリ
ルワンダの首都キガリ

 【おさらい】神戸市によるルワンダ起業体験プログラム「KOBE STARTUP AFRICA in Rwanda」に同行する形で、2週間ほどルワンダに滞在することになった私は、アフリカ初の国産スマホを購入し、現地のSIMカードを契約した(ここまでが前編)。せっかくなので、ルワンダで利用されているネットサービスも使ってみることにした。

配車サービス「move」を呼んでみるも……

 スマホとSIMカードを手に入れて現地の携帯電話番号を使えるようになったので、これで思い切りルワンダのネットサービスを使うことができる。そこで、最初に試したのが、配車アプリの「move」だ。

配車アプリ「move」とフードデリバリーアプリ「VubaVuba」をダウンロード
配車アプリ「move」とフードデリバリーアプリ「VubaVuba」をダウンロード

 実はルワンダには自動車メーカーのフォルクスワーゲンの工場があり、このアプリも同社が提供している。使い方はUberなどと同じだが、届けてくれる車はもちろんフォルクスワーゲン車。ちなみに、この国を走っている車の約9割はトヨタ車なので、フォルクスワーゲン車を見かけることがあったら、moveで送迎中の可能性も高い。

 まず、Google Playストアからダウンロードしたmoveアプリを立ち上げると、電話番号の入力を求められるので、入力してSMSで届いたコードを入力する。その後、名前やメールアドレスなどのユーザー情報を登録する。

「move」の起動画面
「move」の起動画面
電話番号で認証する
電話番号によるコード認証

 最後に、MTNモバイルマネーやクレジットカード、デビットカードから好みの支払い方法を選ぶと登録が完了し、配車依頼が可能になる。

決済方法を選ぶ
決済方法を選ぶ

 アプリを再び立ち上げると、トップ画面にはUberなどで見慣れた、現在地周辺を走っている車が地図上に表示される。あとは目的地を入力して配車依頼をすると、近くを走っている車とマッチングされる。

ユーザー登録が終わると地図上に配車できる車が表示される
ユーザー登録が終わると地図上に配車できる車が表示される
乗車地と目的地を入力して配車を依頼
乗車地と目的地を入力して配車を依頼

 迎えに来てくれる間は、アプリ画面にドライバー名と、車種、ナンバープレート番号、そしてドライバーに電話をかけられる「CALL DRIVER」ボタンが表示される。

配車依頼に応えてくれたドライバーの現在地が表示される
配車依頼に応えてくれたドライバーの現在地が表示される

 私は、ルワンダの首都キガリの中心部にあるショッピングモール「Kigali City Mall」の出口付近にある道路沿いから配車を依頼した。比較的分かりやすい場所なのだが、地図上にはすぐ近くに車が表示されているのに、10分ほど待っても一向にやってこない。

 そして、2回ほどドライバーから電話がかかってきたので説明するも、やはり現れない……。仕方ないので電話をかけなおし、5分ほど歩いた場所にある高層ホテル「UBUMWE GRANDE HOTEL」を指定したところ、なんとか合流することに成功した。

10分近くやりとりしてようやく合流できたフォルクスワーゲンの車
10分近くやりとりしてようやく合流できたフォルクスワーゲンの車

 しかし、これで一安心したのも束の間、今度は行き先を教えてほしいと言われる。ドライバーのスマホ画面にはしっかりと目的地が表示されているが、このドライバーは地図を読むことができず、結局口頭で「次の信号を右」「ここは真っ直ぐ」と指示しながら目的地まで向かうことになってしまった。これなら普通にタクシーを捕まえた方が早かったかもしれない……。

アプリ画面で配車ルートを確認するものの、道がわからないので教えて欲しいとドライバー
アプリ画面で配車ルートを確認するものの、道がわからないので教えて欲しいとドライバー
目的地までのルートがアプリに表示される
目的地までのルートがアプリに表示される
移動中に眺めたルワンダの風景
移動中に眺めたルワンダの風景

 ちなみにその後、moveで数回乗ってみたが、やはり地図を読めないドライバーにはその後も遭遇した。

 ルワンダの日本大使館によれば、同国には貧困層も多いことから国民の識字率は68%に留まっており、文字や地図を読めない人も3割近くいるという。すでにアプリなどテクノロジーによって配車の仕組みは構築されているが、そうした背景もありドライバーのスキルには当面課題がありそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]