logo

パナソニック、AI搭載のネットワークカメラ--カメラ内で画像分析

加納恵 (編集部)2020年03月18日 17時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックi-PRO(アイプロ)センシングソリューションズは、AIプロセッサーを搭載したネットワークカメラ「Xシリーズ WV-X2533LNJ/X2232LJ/X1534LNJ」3機種と、AIプロセッサーに対応した機能拡張ソフトウェア2種を発表した。ネットワークカメラ内で画像分析することでシステムの負荷を分散できる。

AIネットワークカメラ
AIネットワークカメラ

 ネットワークカメラにはシリーズ初となる専用のAIプロセッサーを搭載。従来のネットワークカメラでは難しかった映像の分析、解析などの高負荷のAI処理をカメラ内で行うことで、サーバー側で行っていたAI処理の負荷が分散され、監視システム全体を効率よく構築、運用できる。

 搭載しているAIプロセッサーは最大3つのアプリケーションを追加できる構造。パナソニックでは、対応した機能拡張ソフトウェアとして「AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200W)」と「AIプライバシーガードアプリケーション(WVXAE201W)」の2種を同時発売するほか、サードパーティでAIネットワークカメラにインストールするアプリケーションを開発できるソフトウェア開発キット「i-PRO Camera SDK」も用意する。

「AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200W)」
「AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200W)」
「AIプライバシーガードアプリケーション(WV-XAE201W)」
「AIプライバシーガードアプリケーション(WV-XAE201W)」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]