logo

購入データから栄養バランスが分かるアプリ「SIRU+」、味の素と共同開発した新機能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シルタスは3月18日、同社が運営する購入データから栄養バランスをチェックするアプリ「SIRU+」において、味の素と共同開発した新機能「毎日の栄養通信簿 〜人生100年、健康で生きるために、アジパンダがあなたの栄養を毎日採点!〜」の提供を開始した

キャプション

 同サービスは、蓄積された買い物の栄養データを活用し、「健康テーマ」ごとの栄養バランスと、たんぱく質の素となるアミノ酸を「アミノ酸バランス」として診断し、スコア化するというもの。

 スコア化することにより、利用者は自身の栄養状態を客観的に把握できるとともに、スコアを上げるためのオススメ食材やレシピがチェック可能。

 同社では、日々の買い物や調理の際に利用することで、健康的な食生活を目指せるようになるとしている。

 また、企業は栄養軸での顧客理解につなげることができ、生活者ひとりひとりの栄養状態をもとにした商品の提案が可能になる。

 同社では、今後ますますニーズが高まるヘルスケア領域において、食品メーカーと協業することで、生活者ひとりひとりが自身の栄養状態を理解した上で最適な食品を選択できる基盤づくりを目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]