logo

「Apple Watch」で血中酸素濃度を測定可能に?--「iOS 14」コードから確認との報道

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月10日 09時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 14」のコードスニペットに基づくと、「Apple Watch」の健康管理機能が強化される可能性がある。Apple Watchで血中酸素濃度が測定できるようになるかもしれない。9to5Macが米国時間3月8日付けの記事で報じた。この新しい測定機能に基づく、新しい健康通知機能も搭載される可能性がある。

Apple Watch
提供:Sarah Tew/CNET

 血中酸素飽和度が一定の閾値を下回った場合に、Apple Watchが装着者にアラートを送信できることがコードからわかるようだ。

 血中酸素濃度測定機能が実際に実現されれば、Appleの健康関連機能に新たに加わることになる。これまでに、ECG(心電図)、心拍数モニタリング、月経周期管理、転倒検出などが提供されている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが回答は得られていない。1月にはFitbitが、ウェアラブル製品「Versa」「Ionic」「Charge 3」に血中酸素濃度測定機能を追加している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]