logo

ブイキューブ、テレワークの運用モデルなどガイドラインを公開--導入相談窓口も開設

佐藤和也 (編集部)2020年02月13日 14時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブは、テレワークの導入や環境整備に取り組む企業、団体に向けたテレワークを始める際の重要事項となる制度、運用のモデルをまとめたガイドラインを、2月12日付で公開。あわせてテレワークの導入相談窓口を開設した。

 ブイキューブでは、クラウド型ウェブ会議サービス「V-CUBE ミーティング」などを展開。同社でも1998年の創業時からテレワークを活用した働き方に取り組んでいるとしている。近年では、顧客から「テレワークに取り組みたいが、実際どのように進めていけばよいか分からない」「システムだけでなく、制度設計などをどのようにしているのか知りたい」という相談が多く寄せられているという。

 企業のテレワークへの注目が高まってきていることを背景に、同社が実際に活用しているテレワークのためのガイドラインを公開するとともに、テレワーク導入相談窓口を新設。これまで同社がテレワークに取り組むことで培ってきた経験や知見を共有することにより、多くの企業がテレワークを活用することに向けて支援するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]