logo

スマートフォン99台でGoogleマップに「交通渋滞」生み出す--アーティストが動画公開

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年02月04日 12時16分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Googleマップ」やナビゲーション機能、リアルタイムで交通情報を確認できる機能があらゆるスマートフォンに搭載され、すべての機能を同時に利用できるのは、今やごく当たり前のことだ。だが、あるドイツ人アーティストが、こうしたテクノロジーをだますのがどれほど簡単かを示してみせた。使ったのは、スマートフォンを山積みにした1台の台車だけだ。

 Simon Weckert氏が99台のスマートフォンを赤い台車に載せてドイツの街を歩いている姿は、おそらく奇妙なものに見えたことだろう。だが、同氏の創作は実に素晴らしいものだ。Weckert氏はその様子を動画に撮影し、現地時間2月1日に公開した。彼は、スマートフォン99台の電源を入れ、Googleマップに表示されるよう設定した。そして、すべてのスマートフォンを台車に載せ、ゆっくりと引いて歩いた。このようにして同氏は仮想の「交通渋滞」を生み出した。

 Googleマップは、99台のスマートフォンについて、アプリを利用している車99台が渋滞の中をゆっくり進んでいるものと認識したようだ。動画を見れば、Weckert氏がGoogleマップ上の町を、渋滞を示す赤い線で染めていく様子がわかる。

 Weckert氏は悪意を持ってこのプロジェクトを実行したわけではない。だがこのプロジェクトは、Googleマップを簡単に悪用できるというテクノロジーの弱点に光を当てたとも言えるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]