logo

ドコモ、リクルートと業務提携--「じゃらん」や「Airペイ」などでdポイントが貯まる

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月30日、リクルートと業務提携契約を締結したと発表した。あわせて、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開についての基本合意書を締結し、リクルートライフスタイルが提供する業務・経営支援サービス「Air BusinessTools」における協業も強化する。

 この提携では、リクルートグループの共通ログインID「リクルートID」と、ドコモの「dアカウント」を連携。「じゃらん」「ホットペッパービューティー」「ホットペッパーグルメ」など12のウェブサービスを通して予約した、約20万店舗で「dポイント」がたまるという。

 たまったdポイントは、1ポイント1円として各種サービスで使えるほか、dポイント加盟店やd払い加盟店での買い物でも利用可能。対応時期は、2020年度第3四半期を予定している。両社は今後、dポイント加盟店などの販促支援をはじめ、マーケティング協業についても検討。協業を通じて、dポイントクラブ会員基盤の拡大にも取り組む。

 また、4月から、リクルートライフスタイルが提供する決済サービス「Airペイ」のオプションサービス「Airペイ ポイント」で、「dポイント」の取り扱いを開始予定。これにより、Airペイを導入している店舗でdポイントをためたり、使ったりできるようになる。なお、Airペイは2018年4月からd払いによる決済に対応している。

 今後は、中小個店向けの業務・経営支援に貢献できる新しいサービス「Airシリーズ for docomo(仮称)」の提供についても共同で検討。2019年4月から実施している、全国のドコモ販売代理店の営業活動を通じた「Airペイ」導入店舗の開拓についても、継続して取り組むとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]