logo

シャープ、スマホのWi-Fi関連特許を侵害したとしてオッポジャパンを提訴

山川晶之 (編集部)2020年01月30日 15時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1月30日、オッポジャパンに対し、スマートフォンの通信技術に関する同社の無線LAN関連特許を1件侵害しているとし、同日付で東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を提起。あわせて、特許権侵害差止仮処分を申し立てしたと発表した。

 同社広報部によると、侵害されたと判断したのは無線などで広く使用されているOFDM変調方式に関するWi-Fi技術としている。なお、今回の訴訟は中国オッポではなく、日本法人であるオッポジャパンを対象としており、日本国内でのスマートフォンの販売差し止めを求めるものになるという。

 オッポジャパンに確認したところ、「(シャープからの)訴状の内容をまだ確認していないため、これから確認する段階」とのコメントがあった。

【1月30日16時05分追記】

オッポジャパンから回答があったため追記しました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]