logo

PayPayとコンカーが連携--会社の経費精算申請から受け取りまで可能に

飯塚 直 佐藤和也 (編集部)2020年01月29日 15時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループとソフトバンク、ヤフーの3社が共同出資するPayPayは1月29日、出張・経費管理クラウドサービスを展開するコンカーと連携し、決済サービス「PayPay」で支払った出張などの経費精算の申請ができる機能と、企業が従業員への経費の支払いを「PayPay」で行えるサービスを、4月以降に法人向けサービスとして提供を開始すると発表した。

paypay

 従来の経費精算は、個人が支払った経費情報をシステムに入力後、印刷や捺印、領収書の添付などが必要となっており、また、企業側も提出された申請の内容を確認し、個人に経費を支払う手続きを行うなど、双方に手間と時間がかかっていた。こういった経費関連処理作業をPayPayでの支払いと、コンカーによる決済データ連携を通じて行うことで、時間や場所を選ばず経費精算が可能。個人も企業側も、従来より簡単かつ早く経費精算を完了できるようになるとしている。

 同サービスは、コンカーと契約している法人が対象。また、2020年内にソフトバンクとヤフーで同サービスの利用を開始する予定だという。同社によると、今回新たに経費精算の機能が加わることで「PayPay」で支払う機会をさらに増やすと共に、「キャッシュレスだからこそ実現できるサービス」を提供するという。

 なお、PayPayが利用可能な場所は全国に185万カ所以上(店舗やタクシーなど、PayPayへの加盟契約申込数)。また、街中の店舗のみならず、タクシーや自動販売機、公共料金の支払いなど、さまざまな場所や場面で利用できるサービスとなっている。

paypay

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]