logo

GM、22億ドルかけミシガン州の工場をEV専用に--電動トラックや「Cruise Origin」を製造

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)は、米ミシガン州のデトロイト-ハムトラミック組立工場に22億ドル(約2399億円)を投じ、電気自動車(EV)専用工場に改修すると発表した。さらに、サプライヤー設備や新型電動トラック立ち上げに関するプロジェクトなどにも、8億ドル(約872億円)を投資する。

ミシガン州の工場をEV専用に改修(出典:GM)
ミシガン州の工場をEV専用に改修(出典:GM)

 現在デトロイト-ハムトラミック組立工場は、「Cadillac CT6」「Chevrolet Impala」の製造を担当し、約900人が働いている。2月末に操業を停止し、数カ月かけて改修する計画。この改修で、GMとして初めてのEV専用組立工場になるという。完全に稼働を始めると、2200人以上の雇用を生み出すとしている。

デトロイト-ハムトラミック組立工場(出典:GM)
デトロイト-ハムトラミック組立工場(出典:GM)

 同工場で組み立てるのは、EVのトラックおよびSUV。まず、2021年後半にGM初の完全電動トラックを生産開始する。その後、ライドシェアサービス向け自動運転EV「Cruise Origin」の生産を始める。

発表のようす(出典:GM)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]