logo

ファーウェイ、開発者会議を延期--新型ウイルス肺炎を懸念

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月24日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国南東部の武漢市で発生し、死者が出ている新型肺炎の拡散を食い止めようと中国当局が取り組む中、華為技術(ファーウェイ)は、同社の開発者会議「HDC.Cloud」の日程を延期した。このイベントは、武漢から700マイル(約1100km)以上離れた深センで現地時間2月11〜12日に開かれる予定だったが、3月27〜28日に延期された。

「HUAWEI」の文字
提供:Angela Lang/CNET

 「新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防止および制御するという観点から、すべての参加者の健康と安全に最大限に配慮することにした」とファーウェイはHDC.Cloudのウェブサイトで説明した。

 Reutersが確認したという社内メモによると、ファーウェイはさらに、武漢への移動を避け、動物と極力接触しないように従業員らに求め、また感染拡大を防止および制御するためのチームを同市に配置したという。

 この記事では、鴻海科技集団(Foxconn)の創設者であるTerry Gou氏が、台湾を拠点とする同社従業員に対し、旧正月連休に中国本土に行かないように求めたとも伝えている。

 新型コロナウイルスによるとみられる肺炎よって少なくとも17人が死亡し、中国、台湾、日本、タイ、韓国、米国で計数百人の感染者が確認されている。

 中国当局は23日、武漢を出発する航空便と列車を停止し、1100万人以上が居住する同市内の公共交通機関を停止したと、New York Timesは報じている。中国政府は、黄岡、鄂州、赤壁、枝江といった近隣都市にも交通規制を設ける予定だ。これらの都市の人口は合計で約900万人にのぼる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]